2007年07月28日

第一回目のフライト終了

昨晩、YULA with スターシップ・オーケストラ No.727無事リエントリーできました。

なんか言葉になりません。

法螺貝のテリー、みんなよろこんでくれてよかった。

アンコールも嬉しかったです。
バンドでできる曲をすべてやりきっていたので、ア・カペラになりましたけど……次はもっと曲もふやして新曲も披露していきたい。

今回、すごく不思議な感じで……
たくさん受け取った。
リハーサルはいけどもいけども先の見えない迷路のようで、その先には何があるのか分からなったんだけど、一回目のフライトで片鱗が見えた。
それを教えてくれたのはお客さんだった。
次がまた楽しみです。
第二回目はさらに深く広く人の魂の宇宙にフライトしたいです。


一緒に演奏してくれてるクルー

今成さん
岡崎さん
テツさん
そして、企画してくれた岡野くんには最大の感謝を。
みんなの最高が輝くように次もがんばりたい。

見に来てくれた方、スタッフの方やお店の方にもほんと最大の感謝を…。

心にお花が一杯だー。
posted by ゆら at 12:14| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

これからビールの美味しい季節ですね!!
と書いておいて、恩恵にあずかれないゆらです。
お酒強そうに見えるらしいのですが、ものすごく弱いんです。
ビールの美味しさとか感じられないのです。苦い。という感じ。
なんとなく、ん?喉越し?これを言うのか??と思うこともあるんですけど、やっぱり分からない。ほんの一瞬だけ美味しい感じがします。
たぶんかなり弱い方で、大丈夫な程度(ビールならコップ半分くらい)ですぐに真っ赤になり眠くなってしまうし、どうにか頭がいたいのを我慢しつつちょっと酔っ払った状態でいることもできるのですが…。
手放しでお酒を飲めません。

お酒を飲んで前後不覚になるとかやってみたいんですよね。
何ヶ月に一度かくらい、飲み会があったときなど今回はもしかしたら前後不覚になってみれるかも、挑戦してみるんですけど…。
結果は、その日のうちに二日酔いの症状に見舞われ、関節全部が痛くなると言う…。
なのに、次の日はすごい早く目が覚めてしまいます。
で、二日くらい頭の中身がとても鈍い。
たぶんアルコール分解する酵素がないんだと思います。

最悪な場合はもちろん倒れてしまい、吐くという事態に陥ります。

はぁー、楽しくお酒の飲める人が羨ましい〜。

一番大丈夫なお酒はスピリット類です。
混ぜ物や栄養分が少ないものであればあるほど大丈夫っぽい。
ウィスキーとかも味が好きです。樹の幹みたいな感じでいい香り^^
といっても飲めるというのではないです。ちょっとだけ味見程度。体が痛くなったりする確率が低いというレベルの大丈夫って意味です…。
そう、お酒を飲む。それはもしかしてまた体痛くなっちゃうかも、迷惑かけたらどうしよう!!というスリルだったり…。うぅ。
そんな思いまでして飲む必要はないと思うんですが、皆が楽しそうなのでいいなーって思ってます…。

で、いわゆる美味しい日本酒とかワインとかが一番受け付けない。
もうこれは体質だと思うんですが、ワインはもっとも苦手なお酒でして、必ずといっていいほど体が痛くなります……。
あ、でも通風とかではないですよ^^
ワインが飲めないと食事を半分も楽しめていないんではと思ったり……。

豚ちゃんに赤ワインを飲ませて美味しい肉を作っているという農家の写真を見て、まあ思ったことですよ。

いいなぁ、豚ちゃんもワインが飲めるのかぁー。
しかも風邪とか引かなくなり元気になるそうです。

まぁそうして健康に元気に育った豚ちゃんを食べちゃうわけですけどね。人間てすごいな……。

お酒強い人が酔っ払った時みたいな状態になれる成分の新しい飲み物があるといいな。

そんなわけでこの季節好きな飲み物は炭酸入りの水です。
これこそ喉越しが楽しめる感じです…。

お酒が飲めない場合の目に見えていいことが一個。
酒代がかからない!
posted by ゆら at 00:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

070522_1519~0001.jpg昨日は武蔵野の森に行ってきました。ひさしぶりにこういう時間がとれた。

とても日差しが気持ちよくて葉が透けるのが綺麗でした。
切り倒した大きな樹に座ってましたが、小さな蜂とかだんごむしみたいなのもたくさんいてかなり賑やかでした。
でもお花があんまり咲いてなかったせいか蝶はいなかった。いつもいるのに不思議だな〜。
ひら、ひらひらって舞う夢のように大きなアゲハとかに会いたかったな〜。

わたしてきには、自然の中はにぎやかだし鳥もいるので音楽はいらないかなって思ってるのですけど…。
けど日差しが誘うままに声が出たので歌ってました。
森では、わたしお客様ですよ〜。今日は聴きに来たから歌わないよ〜。て思ってるのに。
いつも結局歌ってるなあ。

声が空気になってくような感じが心地良いです。
posted by ゆら at 15:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

リハーサルのリハーサル

今日はリハーサルのリハーサルでした。
曲が揃ったのでいよいよほんとのリハーサルに入れる…。
ゆらふからも何曲かやりますわーい(嬉しい顔)

4月とか荒れ狂っていたように忙しかった日々もようやく落ち着いて、色んなことに目が向けられるかなって感じです。

リハーサルのあと、色々ライブの映像や音源を聴いて盛り上がりました。
矢野顕子さんの曲は子供の頃大好きだったんですけど、「ごはんができたよ」の弾き語りの映像を見て…。
ピアノすごかったーーー!!
台風のようだった。
そして、子供の頃とまるで違って響く「ごはんができたよ」
わたしは子供の頃から歌詞のあるもの聴くと大抵、
どうしてこういう決まった印象の物にしてしまうのだ。もっととりとめのない、抽象的なものにしてくれた方が色んな場所にいけるのに。
歌詞さえなければ、スキャットならば、インストならば、好きなのに、好きなのに〜。
と言う風に感じていたのですが、最近は歌詞物にも魅力を感じるようになってきたのであります。
(北原白秋みたいなのの歌詞は好きだったんですけど。ポップスの歌詞では松任谷由実さんとか松本隆さんとかの歌詞が好きだった。なんか映像が浮かんでくる感じで…)

それで、今のわたしの耳には、「ごはんができたよ」はなんだか切なくて、あたたかくて悲しい歌に響いた。
そしてこれは大人の人の歌なんだなと思いました。
それにしてもピアノすごかったなぁー。ほんと神がかってる。

あとはプリンスのライブとかすごかったな〜〜。
めちゃめちゃ楽しそうで、演奏すごくて^^歌かっこよすぎ!!
来世があるとしたら来世でもいいので人間こういうところを目指せるのかって思うとほんとに元気でますね〜。存在してくれてて嬉しいですよ〜。

あとCHARさんと山崎まさよしさんのアコースティックライブの映像もすごいよかったなぁー。
CHARさんのあの愛にあふれた様子はなんなんだ。素敵なお顔だよー。
なのにやんちゃな子供みたいな、ずーっとギターで遊んでる様子…。
でも皆音楽やってると子供みたいになりますよね。
自分の周りの人も楽しそうにしているし^^

YMOの音源とかも聴いて感動していた。
久々に聴いたら、ほんとにめちゃめちゃ素晴らしかったです。
ライブのちょっとしたプレイもやっぱめちゃめちゃ光ってる^^
また、録音が素晴らしくいい感じなんですよね〜。
職人の至芸が光るというのなんでしょうか…。
ワザを磨いた職人ってほんとカッコいいですね!!

いろんなことが便利な世の中ですが、脳や肉体や心を磨かないと甘えちゃってかえってうずもれちゃいそうだなって思いましたいい気分(温泉)

ま、そー言いながら、わたしと来たら、まったくもって磨いている様子が見ら(自主規制)
鼻歌のワザは間違いなくあがってますよぉ〜!!!!
テレビ見ててもセッションしてますよぉ〜。
ドラマのBGで素敵なインストならメロディ作るぴかぴか(新しい)
美しいボーカルものがあれば勝手にコーラス…ってな具合に。

これから色々楽しみすぎなのですわーい(嬉しい顔)














posted by ゆら at 00:58| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

春の雨〜SSRナイト

070414_0227~0001.jpg
一足お先に家に戻ってまいりましたぴかぴか(新しい)
今日は昼からお勉強会です。

IGODAさんのリリースパーティということで、大盛況の春の夜でしたわーい(嬉しい顔)

なんだか一日が一日として終わらないというか…。
ライブはとても盛り上がって…

070414_0227~0002.jpg


楽しかったです。

西東京FMのインタビューというのを帰りがけにしていただいたのですが、すべてにわたってあいまいなものになってしまったたらーっ(汗)

ここのところわたしがthe originatorsのライブで歌っている曲は、曲名決まっていないのでした。
Sevensenses recordingsから今年リリースされる予定です。

白い白い光が今
二人を優しく包んで
愛で愛で創られ
生まれてきた記憶がよみがえる

空に大地にこだまする響きは
永遠の吐息
今も今もあなたを愛している
ふたたびめぐり合う

という歌詞なの…

そして今日楽しいことがひとつわかりました。
なんと、フレイヴァーの永井さんも3月24日生まれだそうなのです。

posted by ゆら at 05:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

MR1

HI360102.jpg紹介が遅れました(^-^)/MR1さんです\xF5\xAA
まだ実力を発揮してませんが、とりあえず見た目よし!
ファイル管理がラクなのもエラい。
驚くほど軽い。
iPodをふたまわりくらい大きくした感じだよ。
ステレオでミニジャックのインがあるのが超かわいいよ。
これから大活躍の予定\xF5\xAA

そして、実は最近もうひとつ購入したものがあるのです\x8F\xF4\xB7

すごいですよ〜\x8F\xF4\xB7\x8F\xF4\xB7
やはり見た目よし。音よし。
かわいい奴です。
まだ家に届いてないのですが、やってきたら紹介しますね\xF5\xAA
お楽しみに〜(^-^)/
ぶわお〜\x8F\xF4\xB7
posted by ゆら at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

リハーサル

うわ。忙しくて大分あいてしまいました!
ラジオ聴けた方いるかな
柚楽はサマータイムで時間繰上げで聴けなかったですたらーっ(汗)
またの機会に!!!

毎日時間を見つけてリハーサル
ぴかぴか(新しい)今年中?か近いうち、何とか形にしたい曲達がありますぴかぴか(新しい)

今日はコードの確認に、アコースティックギターと合わせてみました
骨組みを作っていってるとこです
新たにレコーダーもゲットしたんで、皆さんに聴いてもらえるよう、自分史上最高にすべく、がんばりますぞーわーい(嬉しい顔)

そうそう
http://www.korg.co.jp/Product/DRS/MR-1/
ゲットしたレコーダーは
KORGのMR1です!
昨日の夜中、お知り合いに教えてもらって、すぐさまネットで購入してしまった
これこれ、柚楽はこういうのが欲しかったんだぜ〜ぴかぴか(新しい)ハートたち(複数ハート)
外で録れる奴です
ゆらふにも反響の良いところで録ったコーラスなどが色々コラージュされてますが、ちょっとやってみたいアイデアだらけなんで
、たぶん明日くらいには納品されると思うのですが早くなんか録りたくてたまらないですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by ゆら at 23:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

奉神御詠歌 SIREN

こんばんはです
柚楽弥衣でございます…
今回はちょっとおどろおどろしく。
きのうありえない時間に書いて、先ほど読んでみたら相当わけのわからない文章になっていたので、訂正してみました。
自分でも良く分からない感覚のことを書くのは難しいですね〜。

かなり前に発売されたものなのですが、SIRENってゲームの音楽についてお話したいと思います。

明日はお茶のお稽古なのですが、なんとなく寝付けなくて…。
実は歌の意識的再開にともなって過去の音源などを見直しているのですが、ゲイリーさんをこのブログの「ご紹介」でご紹介したのをきっかけに、SIRENで歌わせてもらった奉神御詠歌をもう一度聴いてみました。
(かなり時間が経っているので、自分でも何をどう歌ったのかかなり風化している…)
そして、不思議な気持ちになりました。

いやぁー、この歌を録音させていただいた時、…本当に怖かったんです。
状況はともうしますと、外は雨。
温かい時期?だったと思います。
スタジオはとても綺麗なところで、白い部屋、赤いソファがおいてあった。
ホーミーで一緒に歌われていた倍音ズさん達が帰ってしまわれて、ブースの中にわたし1人。
さびしいよう…。
さっきまで楽しくお話していた方たちがいなくなって、やけに静かです。

発音チェックや歌詞の説明をしていただき…。

ゲイリー芦屋さんと冷水ひとみさんの作られた音の上で歌っているうちにどんどん怖くなっていった。
…得体の知れない何かをずっと感じていた。
歌い終わったら部屋の温度も下がったような感じで、自分の内部も冷えていた。
時が止まったような感じだった。

怖い声の部品などもさまざまにやってみましたが、あとからあとから怖くなってゆく。
怖いのやろうっていう意識はなかったんです。…どっちかっていうと、無心になっちゃって、意識を失っていた感じです。
あたしどうしちゃったんだろう…って感じでした。
たとえて言うなら、このチャンネルにあわせちゃってよかったのかな。
大丈夫かな。…大丈夫か。戻ってこれる。
うん。ブースから出たら、大丈夫…。
っていう感じでした。

美しい聖歌のような曲も歌わせていただいたんですが、それには不思議な飛翔感があって、歌ってる最中に自分がどこにいるのかわからなくなっていた。何かがすごい勢いで立ち上っている…。
昇華していく、そんな感じでした。

その夏、旅行で、陽光降り注ぐ美しい観光地に訪れました。
そこで感じたある感覚がその時のわたしのパフォーマンスに深く関わっていました。
その土地の記念館や史跡をまわり、鎮魂のために作られた美しい音楽の流れる部屋にいたときのことです。
なんだかひどくこわかったんです。
その土地で多くの方が命を落とされた過去がありました。
その近くでは、いくたびか信仰にまつわる、悲しい痛ましいことが起きているのです。
うぅ…、なんて言ったらいいか分かりません。
その当事者の方々の精神状態、そして体験はわたしの許容量を完全に超えていた。あたりまえなんですけど…(><)

それで、不思議と恐怖を、一緒に行った家族ともしばらくそのことを話しました。

それで、わたしは夏以来、その異質な感覚をずっと抱えていたのでした。
そして、あの日のスタジオでその感覚を表に出すことができました。
解放されたんです。

奉神御詠歌…

あの録音は、忘れがたい、印象的なものでした。
歌う機会を与えられたことにただただ感謝するばかりです。

自分の中が冷えていくような恐怖も、また機会があれば表現してみたい。
同時に、間逆?なのかな?この世のものとは思われぬような至福とか、歓喜の表現にもいつか挑戦したいかなぁ…。
でもあの歌を歌っている間のわたしは恐怖を感じつつも至福だったんですけどね。

わたしのこの文章でうまく伝わってるとイイなぁ…。

SIREN公式サイトはこちらですぴかぴか(新しい)
http://www.jp.playstation.com/scej/title/siren/siren.html

ゲイリー芦屋さんの作品で黒沢清監督のLOFTという映画がありまして、そちらでも歌わせていただいているのですが、SIRENの音楽とある意味、兄弟作のようなものだね、とゲイリーさんがおっしゃっていました。
こちらは、もうすこし硬質な表現になっているな、と思います。そして、もっと温度が低い。でも振動は高いっていうのかなぁ…。

そんなわけで、怖い怖い歌の話でした。
posted by ゆら at 02:38| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 歌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。